2018年02月01日

【綾里川ダム】滝を見に行こうとした結果!!【寄り道回】

どうも! リュウです( `ー´)ノ

今回はある滝を見に行こうとしたんですが、すぐそばにいい観光スポットがあったので寄り道することにしました。

それがこちら!



綾里川(りょうりがわ)ダム

事務所から車で向かい、工事などで迂回したり止まったりしつつ向かうこと30分くらいですかね、



ダム前の駐車場に着きました。



マムシちゅうい」の注意書き。

冬は大丈夫でしょうけどね。

ではさっそくダムを見ていきましょう!



ここはダム直下広場

今見えているのはダムの貯めた水が出てくる側、正面側です。



ダムって今までに間近で見た覚えがないんですけど、なんだかカッコいいですね(´▽`)



何か戦車やピラミッドのようなロマンを感じます(見たことないけど)



城壁みたい、が正解ですかね?



ここの階段は冬季は通れないようですね。南京錠がかかっていました・・・上りたかった(>_<)

なので上には車で向かいます。



案内図で道を確かめて、曲がりくねった坂を上っていきます・・・



展望広場に着きました。

駐車場の目の前には綾里川ダム管理所があります。

ここにトイレがありますが、冬は断水のため使えません(-。-)y-゜゜゜

写真ではよく見えないと思いますが、開館時間の「15時」の下に「14」と書き足されています。

冬時間でしょうか?

二階には展示室があるようです。

覗いてみると・・・



ダム建設工事に関する資料や、



ダムの模型などがありました。

さて外に出て、次はダムの上へ行きましょう。



ここがダムの上です!

向こう側まで続いています。

ダムの貯水側を少し覗いてみましょう。



表面が少し凍ってますね。

あれ、ダムの水ってこんなもんかなぁ?

なんかもう少し貯まっているイメージだったんだけど('_')

でも目盛があるからやっぱりそれくらい貯まることもあるのかな・・・こわいなぁ



わきに誰かの石像が立っていました。

彼女の名は綾織姫(あやおりひめ)

大昔、とても長~~い布(140キロメートルくらい??)を織りあげるという一世一代の大仕事を達成した人。

ここの地名「綾里」は「綾織」が変化したものと言われているそうです。

展望広場を離れてもう少し先へ行くと、



何か建物がありました。

これは東屋(あづまや)です。

気仙沼地方に江戸時代から伝わる気仙大工の仕事の一つだそうです。

なんと作られたのは平成12年!

平成12年と聞いて

「最近じゃん!」

と思ったんですがよく考えたら18年前だし俺も当時2歳・・・



はい! いかがでしたか!

みなさんはもっと温かい時期のきれいに晴れた日に行くともっと楽しめるかと思います!

次回は本来行く予定だった不動滝(ふどうたき)についてお伝えします!

また見てくださいね!





【綾里川ダム】
住所 : 岩手県大船渡市三陸町綾里坂本86-8(管理所)
営業時間 : 9:30~15:00(管理所)
定休日 : 11月~3月の土・日・祝日 年末年始(管理所)
電話 : 岩手県大船渡地方振興局土木部 0192-27-9919
駐車場 : 有



この記事へのトラックバックURL

http://ggpofunato.5502710.com/t6285
上の画像に書かれている文字を入力して下さい